理系特集(研究職) 会社HP エントリー


MRとはmedical representative:医薬情報担当者の略称で、病院をはじめとした医療機関に医薬品の販売・紹介などを行う営業職のことです。
現在、私はMRとして京滋・北陸エリアをカバーするチームに所属し、
主に京都府を担当しています。医師だけでなく薬剤師や看護師とも面談を重ねながら、ニーズに応じた医薬品を提供できるよう奮闘しています。
また、営業活動だけでなく、販売後の効果や副作用に関する情報の収集、研究会などの運営もMRの業務。これらを通じて、たくさんの人と関わりながら、病気や薬に関する知識、市場のニーズを捉えるスキルを身につけていきます。
「MR」と言うと、製薬会社の花形だと言われることがありますが、やはり、地道な営業活動や情報収集は大切。日々、たくさんの業務と向き合いながらスキルアップに努めています。



当社でMRとして仕事する一番の魅力は、入社後早い段階から広範囲の営業先を回らせてもらえることですね。他社では新人研修の過程を終え、ある程度の経験を積んだ後、総合病院、大学病院へとステップアップしていきますが、当社では若手時代から単独で大きなクライアントを担当します。
私はと言うと、現在入社2年目で京都府全域を一人で任せてもらい、大学病院の医師をはじめとしたさまざまなクライアントを担当しております。若手でもバリバリ活躍できるこの営業体制は、MRにとって非常に恵まれた環境だと思いますね。
そして、MRとして医師や医療従事者と面談を繰り返すことで、信頼関係を築き「印南さんがおっしゃるなら間違いないです」とこちらの提案を受け入れてくださったときは、大きなやりがいを感じます。まだまだキャリアの浅い私を信頼してくださるクライアントには大変感謝しています。これからも、みなさんからの期待を裏切らないようにしっかりと業務に励んでいきたいです。

生物関係の分野を専攻していたこともあり、大学で学んだ知識を活かした仕事に就きたいと考えていました。また、アルバイトで塾の講師をしていた経験から、人と接することが好きだったので、営業職にも興味がありました。そこで、理系の知識とコミュニケーション能力を活かしながら活躍できる職種をあれこれ探していたところ、出会ったのがMRです。その業務内容を知ったときは、これだ!と思いましたね。
やがて、就職活動をスタートし製薬会社を中心に採用試験などを受ける中、当社に魅力を感じたのは、若手社員にも活躍のチャンスがあることと、世界最先端の技術力があり希少疾病に特化したハイレベルな研究を行っているところです。治療法が確立されていない希少な病気に苦しんでいる方々の健康に貢献できるところが魅力的でした。
クライアントを通して、当社の製品で患者様が元気になったという声を聞くと大きなやりがいを感じ、この会社に入社して正解だったと心から思います。



当面の目標としては、より多くのクライアントと信頼関係を築き、それぞれのニーズにあった製品を提案できるようになること。そのためにも日頃の業務や個人的な勉強はもちろん、社内で行われる研修などを通じて、どんどん成長していきたいですね。
MRという仕事は、自社製品の普及活動を通じて、多くの患者様の健康に貢献していると感じられるとてもやりがいのある職種です。
将来、当社でMRとして活躍される学生のみなさんには、私と同じように日々、仕事のやりがいや成長する喜びを感じながらがんばって欲しいと思います。

会社HP 理系特集(研究職)エントリートップメッセージ 社員インタビュー 営業(MR)職 社員インタビュー 生産職 JCRファーマの スピード&チャレンジ 若手社員 座談会
http://www.jcrpharm.co.jp
JCRファーマ株式会社
JCR Pharmaceuticals CO.,Ltd.