理系特集(研究職) 会社HP エントリー
            

人の役に立つ仕事をしたい。スタートラインは皆同じ。

病気に苦しむ人の役に立てる仕事に就きたいと考え、大学院では保健学を専攻し臨床検査や生化学などを学んでいました。そのため、医療機関への就職も検討しましたが、創薬研究を通してより深く患者さんの健康に貢献したいと考え製薬会社を志望しました。お二人はどのような理由からこの世界に進もうと思いましたか?

学生時代は農学を専攻していたこともあり、就職活動をスタートした当初は、食品メーカーや植物の種子を扱う企業などに目を向けていました。しかし、私も木田さんと同じく、病気から患者様を救いたいという想いが強くあったため、これまで学んでいた知識を活かしながら人の役に立つ仕事をしようと考え医薬品の業界に進みました。

私は薬学部出身で、就職活動開始時から製薬会社を一番に志望していました。
この業界で働くうえで最も魅力に感じていたのはお二人と同じで、病気で苦しむ人の助けになれるところです。

専攻していた分野や働く部署は三者三様でも、「人の役に立ちたい」という想いは共通ですね。

もしかすると、そういった想いを持っていることこそが、この業界で仕事をするために一番重要な条件なのかも知れませんね。







希少疾病に挑む姿勢。世界水準の技術力も魅力的。

数ある製薬会社の中から当社を志望した理由は、希少疾病の研究にも積極的に取り組んでいるからです。有効な治療法が確立されていない希少な病気に立ち向かう姿勢に共感し、自分もその一員として力になりたいと思いました。木田さんは当社のどのようなところに魅力を感じましたか?

バイオ医薬品や再生医療などに関する高度な技術力を持っているところですね。これらの技術をもつ当社であれば、患者さんが本当に必要とする医薬品を届けられるのではないかと期待したからです。小林さんは?

私は細胞やタンパク質を用いた研究をしていたこともあり、当社がバイオ医薬品に特化した研究を行っているところに関心を持ちました。また、面接時に感じたアットホームな雰囲気や社員のみなさんが、学生一人ひとりに対してとても丁寧に対応されていたことも、当社を志望した理由のひとつです。

私も就職活動で当社を訪れた際、親切に接してくださった時は本当にうれしかったです。

その企業の事業内容や研究実績も重要ですが、どんな人たちと仕事をしたいか?これも企業選びには大切なことですね。










アットホームな職場環境で、のびのびと仕事に打ち込める。

小林さんは入社から約1年が過ぎた今、当社をどんな雰囲気の会社だと感じていますか?

面接時などで感じていた通り、非常にアットホームな会社だと思いますね。気さくな方が多いので、若手社員でも自分が良いと思ったことは気兼ねなく発言できる環境があります。それから、入社後に一番驚いたのは、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日に全社を挙げて開催される飲み会です(笑)。

ボジョレー飲み会には私も大変驚きましたよ!研究所、工場、本社など複数の拠点をテレビ会議システムでつないで宴の様子を生中継(笑)。

毎年恒例のこのイベントなど、当社のアットホームな雰囲気を象徴するものですね。製薬会社と聞くとお堅いイメージを持つ人もいらっしゃるかと思いますが、まったくそんなことはありませんよね。締めるところは締める。楽しむところは楽しむ。オンとオフがはっきりしている会社です。

日々、仕事をする中で私が常々思っている当社の魅力は、社員一人ひとりを大切にしているところです。業務の内容はすべて個々の能力や適性に合わせて、それぞれの強みを活かし分配されています。このように適材適所で業務を行えるのも、会社が社員にきちんと目を配っているからだと思いますね。また、社員のみなさんがとにかくよく褒めてくださるところもうれしいです(笑)。

私も、業務がひとつ上手くいく度に、こんなに褒められて良いのかというぐらい褒めていただいています。社内のいたるところで褒められている若手社員が(笑)。これも当社ならではの光景でしょうか(笑)。













プロフェッショナルとして 一人ひとりが高い志を胸に。

現在、私は信頼性保証本部で製品の有効性や安全性について調査し、その医薬品をより安心・安全なものに高めていく「育薬」を担当しています。どちらかと言えば前に出る部署ではありませんが、私の業務が医薬品の適正使用につながっていることを考えると、大きな喜びを感じます。日々の業務にますます精が出ますね。

育薬は安心・安全な医薬品を提供するために重要な業務なので、やりがいも大きいですよね。

本当にやりがいに満ちた毎日を送っていますよ。そういう小林さんは、どんな時にやりがいを感じますか?

私は開発本部で、開発中の薬を国から医薬品として承認してもらうために必要な「治験」に携わっています。その製品を世の中に出せるかが、自分達にかかっているため大きな責任を求められますが、重要な仕事を任せてもらっていることに喜びを感じています。また、治験では医師と接することも多いので、医学の知識を高められるところもうれしいですね。木田さんは研究所に勤務されてどのようなところに喜びを感じますか?

私は研究所で、開発品の薬効の評価方法を構築するとともに、構築した評価系を用いて非臨床試験を行っています。喜びを感じるのは、苦戦しながらもようやく得た研究成果を会社に認めてもらった時ですね。その際、上司や先輩が一緒に喜んでくださるので、より一層やりがいを感じます。研究者の一人として、プロジェクトに貢献していることを実感でき、次はもっとがんばろうとモチベーションが上がります。

お二人の話を聴いて、それぞれの部署で一人ひとりが業務に対し情熱を持って取り組むことで、ひとつの製品が形づくられていることを改めて認識しました。日々の業務に向かううえで大きな刺激になりましたよ。

当社では、社員一人ひとりがプロフェッショナルとして重要な役割を担っています。その分、大きな責任を感じますが、それだけ働きがいのある職場だということですね。















自然体のあなたで ありのままを伝えて欲しい。

当社への入社を考えている方にひとつアドバイスをするなら、採用試験や面接には飾らず自然体で臨んでください。

そうそう、小林さんのおっしゃる通りです。自然体が一番。無理に自分を取り繕わず、学生時代に夢中になったことや努力したこと、失敗したことでもなんでもかまいません。ありのままのあなたでそれをしっかりと伝えてください。

就職活動は、将来、何をしたいのか?そして、どうなりたいのか?を見つめ、自分自身を客観的に知ることが大切です。じっくり自分を分析しながら、幅広い視野を持ってたくさんの業界・企業と出会い、自分に一番マッチした就職先を見つけてください。そして、当社にご縁のあった方とは、ぜひ、このやりがいに満ちた場所で一緒に思いっきりがんばりましょう。







会社HP 理系特集(研究職)エントリートップメッセージ 社員インタビュー 営業(MR)職 社員インタビュー 生産職 JCRファーマの スピード&チャレンジ 若手社員 座談会
http://www.jcrpharm.co.jp
JCRファーマ株式会社
JCR Pharmaceuticals CO.,Ltd.